外国人の印鑑

この印鑑社会に違和感があるという声も少なくない。
では、日本に住んでいる外国人はどのようにしているのだろうか。
もちろん、外国人とはいえ、印鑑は必要になってくる。
そのため、カタカナで印鑑を作るケースがある。
メーカーによっては縦書きや横書きがあるが、もちろん公的な書類に使用ができる。
また、アルファベットの印鑑も作ることができる。
ただし、銀行印や実印はやはり漢字で作るのがおすすめだ。

銀行印について

漢字は画数が多いので偽造しにくいのである。

毛かにの力

毛かにには、いくつかの分け方があるようです。
エビ目・かに下目・クリガニ科というところに、毛ガニは入るようです。
生息している地域は、北海道のオホーツク海、太平洋沿岸です。
水深150m以下の水温が15℃以下で、海底が砂という場所が、毛ガニの住みかです。

かにみそと言えば、すぐ毛ガニと答えが返ってくるほど、毛ガニの味噌は美味しいものです。
かにみそを食べるために毛ガニがあるようです。

そして、北陸のズワイガニなどと違うことは、禁漁期間がないということです。
北海道全体でエリアを分けて漁ができるようです。
北海道全体と言う範囲というの意味では、いつでも漁ができるということになります。

他のタラバガニ等と比べると、毛ガニは高額ではありません。
どちらかというと、お手頃な無理をしないで食べられる価格かもしれませんね。

家族が北海道に社員旅行で行った時のことです。
もちろんかに食べ放題は、ちゃんとコースに入っていたそうです。
そして、みんながテーブルについて、食べ始めたそうですが、すっかりおしゃべりは消えて、皆無言でかにを食べることに専念していたというのです。
そんな風にみんなの口を閉ざしてしまう力が、毛ガニにはあるのですね。

美容液の必要性

化粧水の次に、美容液を使うのが一般的です。
化粧水の次に乳液をぬれば充分と思ってしまいます。
美容液は、化粧水にも乳液にもない成分を肌に補給していくことができます。
美白のための成分、アンチエイジングのための成分、抗酸化作用のあるもの、など、美容液としてでています。
そこで美容液を使わない手はありません。
年齢によって肌の状態は違ってきます。
美容液を使っていると、肌はキレイになります。
キレイな肌、つまりキメが細かくてハリとツヤのある肌は、日々のお手入れなくしては得られません。

脱毛…男でよかった!

暑くなってくると薄着になってきます。
大体、5月から10月くらいまでは半袖のことが多いですね。
半袖になる時期、女性を見てると、脱毛に毎日毎日時間を掛けていて、本当に大変だと思います。
家内も勿論、脱毛には必死です。
まず、お風呂から長時間出て来ないです(笑)
脚の毛、腕の毛、脇。毎日毎日丁寧に剃っているようで、これが一生続くのかなあと、いつも思います。
特に脇は、剃るだけでは黒ずんでしまうらしく、いつも一本一本完全に抜くそうです。
私も試しに一本抜いてみましたが、信じられない痛さです。
美に対する男女の違いって、本当凄いですよね。
どこの女性も、皆これくらい気合い入れて脱毛するものなのでしょうか?
とりあえず、私は男性で良かったです(笑)

仕事のかたち

現代社会はめまぐるしく変化しています。
今まであった仕事が技術革新の結果不要になったり、需要が減ったりする場合があります。
看護ワークもその例にもれず高齢化が進むにつれて非正規の看護師 パートの需要が増えています。
反対に、そんな仕事が新しくできたんだ、それが仕事になるんだ、という今まで考えられなかった仕事も出てきています。

確かに、今までの仕事にもプライドがありますし、その仕事の需要が減ってもその仕事はなかなか捨て去れるものではありません。特に高齢になると新しい知識の吸収は容易ではありませんから、おいそれと転職できないことが多いでしょう。

他方、若者は新しく知識を吸収するのが得意ですし、新しいことに順応しやすいものです。ですから、若者にこそ、既存に仕事にこだわらず、新しい仕事を開拓していってほしいものです。

幸いなことに、資本金がごくわずかでも、会社は設立できますし、NPO法人という制度も利用できます。
人に雇われるだけでなく、親しい仲間同士、新しい仕事を始めるというのも、これからの社会ではあたりまえになっていくでしょう。

有酸素運動と脂肪燃焼

脂肪の燃焼には有酸素運動が効果的だとよく耳にします。
有酸素運動の場合運動した時間を記録しておくと消費カロリーが分かりやすくなります。
有酸素運動とは、呼吸によって酸素を体内に多く取り入れ脂肪や糖質を燃焼し、それらをエネルギーとする運動です。
有酸素運動にはマラソン、水泳、エアロビクス、サイクリング、ウォーキングなどがあり、20分以上しないとあまり効果がありません。
これは運動を始めてから脂肪が燃焼するまでにそれ位の時間がかかる為です。
有酸素運動が一番効率良く脂肪を燃焼させるのは朝食前の空腹時と言われています。
また有酸素運動は毎日続けることで効果が上がります。
ただし、ウォーミングアップや水分補給などのケアは十分にしましょう。
自分に合った楽しく続けられる有酸素運動で綺麗に痩せられたら最高ですね。

野菜とタンパク質の重要性

食べれば太るからと言って、何でもかんでも食事から取り除いていたら、食べられるものがありません。
ダイエット中ならば、食事の「量を減らす」のではなく「質を良くする」ことを目指しましょう。
体に優しく良質な栄養素がたっぷりなのが野菜です。今は野菜通販で栄養たっぷりのものが手軽に手に入ります。
それと、これだけはぜひ押さえておきたいのが、たんぱく質。
たんぱく質は筋肉を作る為に必要な栄養素なので、必ず摂取しましょう。
おススメなのは豆乳。
大豆ペプチドは脂肪燃焼、大豆イソフラボンはホルモンバランスを整える働きがありますので、ダイエット中に適した食材ではないでしょうか?
リンゴや海藻類にはビタミン・ミネラルが豊富に含まれており、整腸作用もあるので女性には嬉しい食材ですね。
特に海藻に含まれているヨウ素は代謝を刺激してくれるので、脂肪燃焼にも期待を持てます。
このように、ダイエットを効果的に行えそうな働きをする食材を積極的に使いながら、メニュー改善をしていくと良いでしょう。

白髪を抜いてはいけない?

白髪についてはまだわからないことだらけです。
白髪を抜くと白髪が増えるということをよくききますが、これも真偽は定かではありません。

白髪が長く目立っていると1、2本ならば抜いてしまってもよいのでは、と思ってしまいます。
白髪の根元を一本一本丁寧に切っていくという方法もありますが、結構時間がかかりますし、伸びてくると、短い白髪がツンツンと立ってしまうことになり、またその都度一本一本丁寧に切るという繰り返しになります。
これを続けるのは根気が必要ですね。

やはり、白髪染めをするのが簡単です。
で、選ぶべきは、お肌に優しいもの。
多くはヘアマニュキュアのタイプです。
ヘアダイに比べて持ちが悪いので、使用する回数は当然増えていきます。
でも、頭皮の健康を考えると、ヘアマニュキュアを普段は使って、リタッチではなく白髪がある程度伸びてきた段階でヘアダイを使う、というのが頭皮に負担のない方法かもしれません。

白髪を抜くべきか、迷ったら、とりあえず染めてみるのはどうでしょう。

水と油はどちらが先か

スキンケアの基本は、水分と油分の補給です。
水分を維持する機能が衰えると肌トラブルの原因になります。
水分は化粧水にあたり、油分はクリームにあたります。
ではこの化粧水とクリーム、どちらを先に着けるのが正しいのか皆さんは御存じですか
答えはズバリ、化粧水です。
化粧水の役割は、肌が失った水分の『補給』をする事。
クリームの役割は、補給されてみずみずしくなった肌の『保護』をする事。
だからクリームを先に塗ってしまうと、せっかく化粧水を塗ってもクリームの油分が全て弾き返してしまい、水分が肌まで入っていかないのです。
洗顔後、浸透率が高くて水分が多い化粧水をたっぷりと使って下さい。
そしてその上からラップをするようなイメージで、クリームを薄く伸ばしていきましょう。
順番を間違えるとせっかくの効果が台無しになってしまうので、ご注意を!

メイクと肌の関係

メイクをするのは肌に良くない、と思ってる人、多いんじゃないでしょうか?
肌に合った化粧品を使っているなら、その心配はしなくて大丈夫ですよ。きれいになりたりたい、かわいいメイクをしたい、そんなガーリーな気持ち女性なら誰にもありますよね。
どんどんすきてなメイクを楽しんでくださいね。
そして、一日の終わりには、きちんとメイクを落として、丁寧に洗顔を忘れずに。
これさえきちんと守っていれば、メイクは肌には決して悪いものではありません。
むしろ、紫外線防止効果のある化粧品などは紫外線がダイレクトに肌をいためるのを防いでくれます。
おしゃれと肌の健康は、ちゃんと両立しますよ。
もちろん、時には家の中でスッピンもいいですが、まったくの無防備のお肌でいることのほうが肌には負担が大きくなります。

肌からのメッセージを読み取る…

どんなに気をつけていても、ニキビや吹き出物が出来てしまう…そんな経験はないですか?

しかし厳然とした事実として肌荒れは存在します。そういった事実は厳粛に受け止めなくてはなりません。
そんな時は是非、毎日の食事を見直してみましょう。
毎日の食事の栄養が偏り過ぎていると、肌は本当に素直に反応してしまいます。
特に見過ごされやすいのは食べ物より飲み物。
今はあちこちに自動販売機があり、ちょっと喉が乾いたらすぐに飲み物が手に入ります。
硬貨を入れて、飲み物を選ぶその瞬間…昨日は何を飲んだのかを思い返してみて下さい。
結構同じ飲み物を飲んでいませんか?
その飲料に、糖質や脂質はどれくらい入っていますか?
飲み物は食べ物よりも摂取の回数が多い分、自分でも気づかないうちに取り過ぎていたりします。
そうすると、肌は素直に『肌トラブル』としてこちらにメッセージを送ってくれます。
トラブルをただ化粧品だけで押さえ込んでしまうのではなく、まずは肌が何を伝えようとしているのかに気を配ってみましょう!

よいサイクルへ

太ると体を動かすのがついついおっくうになってしまいますね。
立ち上がる時も、もたもたして「よっこいしょ」という感じです。
歩くのも疲れやすいから出無精になり、また少しの距離でも自動車を使うので、ますます運動不足になります。
その結果、ますます体重が増えることになってしまうのです。

思い当たる場合はどこかで、サイクルを反転させるべきです。
で、まずとっかかりとしてよいのは、食生活の改善。
脂っこいもの、甘いものを避け、繊維質の多い野菜や果物、ビタミン豊富なものにシフトしていくのはどうでしょうか。

そうすることによって、便秘がよくなり、体が軽くなり始めればしめたもの。
体を動かすことが以前よりもおっくうでなくなります。
このチャンスを生かして、軽い運動からはじめましょう。
まずは、歩くこと。
無理なく歩く距離を伸ばしていき、なるべく自動車を使う時間を減らしましょう。

ガソリン代も節約になり、体重も減るので一石ニ鳥ですね。
よいサイクルへ入っていったら、次に筋トレなども始めるとよいかもしれません。